FC2ブログ

みつばちと蜂蜜とわたし

蜂蜜、みつばち、岐阜県、養老町のこと

かりんのはちみつ漬け

blog_karin.png
喉のイガイガから風邪をひき始める私。以前の私なら、すぐにお薬に頼っていたでしょう…。
かりんが喉に良いって聞いていたので試してみると、一週間ほどでイガイガもとれすっきりしました。予防の意味でも、今から飲み続けるといいかなと思っています。
また、「昔、おばあちゃんが作ってくれた味がして懐かしい」と言ってみえるお客様がいました。心が温まるお話ですね。
そこで『かりん』について少し調べてみました。
かりんは中国大陸原産のバラ科の落葉樹になる果実で、早春に朱紅色の花をつけ古くから薬用として用いられていたようです。日本でも全国で栽培されています。みつばちの郷では山梨県産を使用しています。
かりんは非常に硬く渋くて生では食べられません。香りを楽しんだり薬用成分を利用する使い方になります。成分としては、糖質・ビタミンC・リンゴ酸・クエン酸・アミグダリン・タンニンなどを含有しています。
聞き慣れないアミグダリンという成分は果実の中にある褐色の種子に含まれていて、アルコールに漬けたり熱を加えると加水分解してベンズアルデヒド(芳香族アルデヒドに分類される有機化合物のひとつ)に変化し咳止めとして効果を発揮します。
ビタミンC・タンニンは生活習慣病を予防し、クエン酸は疲労回復に役立ちます。
みつばちの郷のかりんのはちみつ漬けは、このような優れた栄養素を持つかりんを安心で高品質なニュージーランド産はちみつに漬け込みました。かりんエキスがたっぷり出たはちみつ漬けの使い方は、ティースプーンに一杯そのまま・ヨーグルトに加えて・お湯で薄めてホットドリンクとして・お料理の隠し味としてご利用下さい。



国産はちみつ みつばちの郷
ハニーこうじ
twitter_icon_9bd46c973d9c43d7c6cd338c03101c39.jpeg

にほんブログ村 グルメブログ ハチミツ・ローヤルゼリーへ
にほんブログ村
ランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/20(月) 10:49:50|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロポリス

blog_propo.png

プロポリスとは…もともとギリシャ語で、『プロ』は前衛を守るという意味を持ち、『ポリス』は都市という意味を持っています。この2つの語が合わさったプロポリスは、「巣(都市)を守る」という意味があります。日本語では『蜂ヤニ』と呼ばれています。
細菌やウイルスなどの外的から巣を防衛するため、植物などから樹脂を集め、唾液と混ぜて巣の中をコーティングします。人工的に生産や増量・合成などをすることはできません。
プロポリスを集める性質を持つのは、木の洞などの中に営巣する閉鎖空間営巣性のミツバチのうち、セイヨウミツバチのみです。ニホンミツバチを含むトウヨウミツバチなどはこれを集めません。
また、一つの巣から採取されるプロポリスの量は、はちみつやローヤルゼリーと比べると非常に微量で貴重だとされています。
プロポリスの主成分は、フラボノイド類(植物に含まれている色素、苦味、辛味成分であり、ポリフェノールのひとつ)やカフェ酸(ポリフェノールの一種で、コーヒーの深い香りや色、香りのもと)、アルテピリンC(アレクリン系を起源植物とするプロポリスだけに含まれている成分で抗菌作用や抗がん作用がある)などです。
このような優れた成分を持つプロポリスは抗菌・殺菌作用や消炎鎮痛作用があり、『天然の抗生物質』と呼ばれています。
プロポリスはブラジルをはじめアルゼンチンやイギリスなど世界各国で採取されています。アフリカナイズドミツバチは高い防衛本能を持ち、巣を守るためのプロポリスを早く大量に生産します。湿度の高いアマゾンに生息するミツバチは、疾病から身を守るために強力なプロポリスを生産していると考えられており、そのためブラジル産のプロポリスは最高級品といわれています。みつばちの郷のプロポリスはこのブラジル産を取り扱っています。
植物の自然治癒力を取り入れたい方・肉体疲労やストレスが気になる方や虚弱体質・病中病後の方にお勧めの商品です。


国産はちみつ みつばちの郷
ハニーこうじ
twitter_icon_9bd46c973d9c43d7c6cd338c03101c39.jpeg

にほんブログ村 グルメブログ ハチミツ・ローヤルゼリーへ
にほんブログ村
ランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。
  1. 2014/10/02(木) 16:31:22|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0