FC2ブログ

みつばちと蜂蜜とわたし

蜂蜜、みつばち、岐阜県、養老町のこと

スズメバチの退治

季節は秋に向かい、北海道のみつばちも順次、本州へ帰還です。父も2トントラック2台目を9月13日の夜に持って帰ってくる予定です。北海道石狩地区の豪雨も、父のみつばちには関係なかったみたいで、少し安心。被害のあった方、一日も早い復旧を祈ります。みつばちを持って帰ってくると心配なのはスズメバチ特にオオスズメバチは、一匹で西洋みつばちの巣を壊滅に持っていける恐ろしい相手、刺されたら超痛いです。秋は、スズメバチからみつばちを守る時間であったりします。
各務原のお世話になっている渡辺先生の勉強会で、うちの植木にスズメバチがおって、かなわんのやけど何とかならんかとご依頼いただく。
翌日時間作って見に行ったら、見えるところに何十匹もオオスズメバチ発見。これは大変なことを安請け合いしてしまったと思ったのですが、どれだけ探しても巣が見当たらない。巣を見つけなければ必死に探すこと1時間。やはり巣はない。あまり見たことなかったが、オオスズメバチ植木に絡まったつる草が花が満開で、蜜を大挙して吸いに来てると断定。植木に絡まったつる草を撤去、自然と居なくなった。
怖いスズメバチ

一番皆さんに伝えたいのは、攻撃態勢に入ったスズメバチは恐ろしく、できれば遭遇したくないし、攻撃態勢の時しか遭ったことがないので、なんと怖い顔してるんですかと思っていました。
オオスズメバチ

写真にも取りましたが、何となく穏やかな表情で花蜜をなめに来ていました。初めて見たオオスズメバチの柔和な顔立ちでした。伝えきれないのが残念です。

国産はちみつ みつばちの郷
ハニーこうじ
twitter_icon_9bd46c973d9c43d7c6cd338c03101c39.jpeg

にほんブログ村 グルメブログ ハチミツ・ローヤルゼリーへ
にほんブログ村
ランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。


スポンサーサイト



  1. 2014/09/12(金) 17:45:19|
  2. 近況報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国産栃の木はちみつ

blog_tochi2.png

フランス語名で『マロニエ』として知られている栃の木は東日本を中心に分布しています。木はとても大きくなり高さ25m、太さ1mを超えるものも少なくありません。開花時期は4/25~5/20頃です。小学校の国語で習った『モチモチの木』を覚えていますか?この木が栃の木です。『モチモチの木』はたぶん多くの方が知っているでしょう。
なかなか勇気が出せない主人公の男の子が、おじいさんの病気をきっかけに勇気を出すというお話です。
あらすじは…。
父親のいない少年「豆太」は、山小屋でじさまと暮らしています。豆太は臆病者で、小屋の外にあるせっちん(便所)にも夜は怖くて一人で行くことが出来ない。その小屋の近くには大きなトチノ木があって、豆太はその木のことを「モチモチの木」と呼んでいます。
モチモチの木は、夜に火が灯ったようにきれいに光る事があり、熊と闘って死んだほど度胸のある豆太の父親、64歳の今でもかもしかを追いかけて岩から岩へ飛び移ることができるじさまもそれを見たことがあるという。
豆太もみてみたいと思うものの、夜は怖くて見に行くことが出来ずにいました。
そんなある夜寝ていると、じさまが唸る声で豆太は目を覚ました。
じさまは腹を押さえて苦しんでいる。何とか助けたいと思った豆太は月明かりしかない怖い夜、モチモチの木の前を通り霜で凍った道を裸足で半里(約2km)離れたふもとの村まで一人で医者を呼びに行く。医者を呼んで山小屋に戻る途中、豆太はモチモチの木に火が灯って、明るく輝いているのを見た。
翌日回復したじさまは、豆太の勇気をたたえた。
というお話です。
栃の木は白~薄い紅色の花をさかせ、花はみつばちが好んで吸蜜に訪れます。
国産栃の木蜂蜜は、栃の木特有の香りがあります。味は少しの渋みが特徴ですが、その渋みの中にもやさしい上品な味で、一度食するとクセになる蜂蜜です。メープルシロップの代わりにトーストやホットケーキに。煮物や炊き込みご飯などのお料理に。食べやすい蜂蜜なので使い道もいろいろです。


国産はちみつ みつばちの郷
ハニーこうじ
twitter_icon_9bd46c973d9c43d7c6cd338c03101c39.jpeg

にほんブログ村 グルメブログ ハチミツ・ローヤルゼリーへ
にほんブログ村
ランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。

  1. 2014/09/09(火) 11:59:21|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0